【限界は明確に】W杯最終予選 中国vs日本 マッチレポ

【限界は明確に】W杯最終予選 中国vs日本 マッチレポ

2021年9月8日 1 投稿者: マツシタ
Pocket

カタールワールドカップ出場を目指す日本代表は最終予選の初戦をホームで落とし、必勝で中国との試合に臨んだ。結果、前半に大迫が奪った得点を守り切り、1-0で勝利を収めている。

しかしながら、その内容は手放しに称賛できるものではなかった。前半は相手を一方的に押し込むことができていたものの、ひるがえって後半は全く違ったゲームになってしまった。前半日本が押し込めた理由は何なのか、後半に勢いが落ちた理由は何だったのか。

今回は日本vs中国のマッチレポをお届けしようと思う。




スタメン

 

 

 

前半

 

機能した意図的な右攻め

前回のオマーン戦のマッチレポ

  1. オフ・ザ・ボールのランニング不足
  2. 飛ばすパスの不足(テンポの悪さ、相手ブロックへの揺さぶりの不足)
  3. 相手最終ラインへのプレッシングの不足

の3つの課題をあげた。前半にこれらの課題がしっかり改善されていたことはこの試合における日本の最もポジティブな面だった。これを頭の片隅に置いたうえで読み進めてほしい。

 

前半に日本が攻め込めた理由について、よく見受けられる意見が中国の消極的な姿勢だ。それは間違いないと思う。この日の中国は5-3-2で中央を固める守備を選択。前線からのプレスを放棄し2トップもボールより後方に下がって守備に参加、ボールを奪うことよりも跳ね返すことを意識した戦いを見せた。

結果、前半の中国のボール保持率は22%という極めて低い数字になったし、ボールを奪いに行くよりも待ち構える消極的な姿勢が目立ち、かつては中国の代名詞だった球際の激しさがみられることはほとんど、というか全くなかった。

しかし一方で、日本が中国の守備ブロックを打ち崩すためにしっかり準備してきたこと、それが狙い通りに機能していたことも見逃してはならない。結果として、オマーン戦ではほとんど見られなかった相手ブロック内への侵入が何度も見られた。

下は日本のプレーエリアを表したもの。右サイドの色が濃くなっていることがわかる。これは日本が右サイドから中国の守備ブロックに侵入していたことを表している。そして、それは意図的なものだった。

SofaScoreより。

 

この日の日本はトップ下に久保を起用。彼は右サイドから左足でカットインしていくプレーを得意としており、中央で起用されても右に流れていく傾向にある。彼をトップ下に起用したことは右から攻撃を組み立てていくぞという意思表示だったといえるだろう。

この日の久保のヒートマップ。明確に右サイドでのプレーが多くなっていることがわかる。SofaScoreより。

 

さらに明確だったのが柴崎のポジショニングだ。彼は本来左寄りでプレーすることが多い選手であり、オマーン戦でもその傾向ははっきりしていた。

オマーン戦の柴崎のヒートマップ。左寄りにプレーしていることがわかる。SofaScoreより。

柴崎のレガネスにおけるヒートマップ。どちらかというと左寄りにプレーすることが多い傾向はクラブレベルでも変わらないようだ。SofaScoreより。

対してこの日の柴崎は右サイドを起点にプレーしていた。これは明らかに森保監督が事前に指示していた配置転換だといえる。

中国戦における柴崎のヒートマップ。明確に右サイドへの偏りがみられ、柴崎の一般的なプレー傾向とは異なる。森保監督が事前に指示し準備していたはずだ。SofaScoreより。

つまり、日本は右SB室屋、右SH伊東に加えて久保と柴崎を右サイドの攻撃に加勢させ、中国の左の守備ユニットに対して数的優位を形成して攻め込もうという明確な意図があったのだ。ここにオマーン戦にはなかったオフ・ザ・ボールのランニング、それによって空くスペースへの3人目の侵入(特に久保が素晴らしかった)といった流動性を織り交ぜることで中国の守備陣に認知的な負荷をかけ、混乱に陥れた。先ほど挙げたオマーン戦の課題①が修正されたのだ。

中国がデュエルで後手に回ったのは、奪うより跳ね返そうというメンタル的な消極性だけでなく、日本のオーバーロード&流動性がもたらした混乱も有為に影響していたことは見逃すべきではないだろう。

さらに、先ほどのプレーエリアの図をもう一度確認してみると日本は左サイドにもボールを運んでいたことがわかる。つまり、この日の日本は相手のブロックを横に揺さぶろうという意識があった。そして、そのパスのスピードが速く、テンポがよかった。中でも一番好印象だったのが各駅停車を脱していたこと。ひとつ飛ばしでパスを送ることで、相手を走らせる距離とスピードを大きくすることに成功していた。これは解説の中村憲剛さんもさかんに言及していた。

また横の揺さぶりだけでなく、相手の最終ラインが高ければその裏にシンプルなロングボールを送る場面も多かった。横だけでなく縦方向にも相手を揺さぶる意識があったのだ。こうしてオマーン戦の課題②もまた改善を見た。過剰に右サイドに固執するのではなく、効果的に左サイドも活用できていたことはポジティブな要素だったといえる。

 

あとひとつ工夫を加えたい左

それでは、その左サイドは機能していたのだろうか。個人的にはあとひとつだったかな、という感想。

ひとり気を吐いていたのは先発起用に応えた古橋だ。右サイドでもオフ・ザ・ボールのランニングは見られていたが、古橋のそれはほかの日本人選手とはレベルが違う。一番大きな差はそのモーションの大きさ、走る距離の長さだ。さらに、走る量自体も群を抜いている。

SBの長友にボールが入った時も、CBが前を向いた時も、古橋はしつこいほどに裏へ走っている。しかも、長い距離をだ。相手は当然この動きに引っ張られ、大きく陣形を動かされていた。オフ・ザ・ボールで相手の守備ブロックを乱すことにおいて、古橋は日本一だ。

もったいなかったのは古橋の動きに連動する3人目がいなかったこと。右に人数を集めているので仕方ない側面はあるにせよ、せっかく古橋が相手を引き付けたことで空いたスペースが有効活用されていなかったことは歯がゆかった。浅野が起用されたときにも感じるが、日本はスピードスターの動き出しについて行く連動性が甘いと思う(タジキスタン戦のマッチレポも参照)。彼らの個性をより有効活用できれば、日本はさらに相手のブロックを容易に崩せるようになるはずだ。

さらに言えば、古橋は球離れの良さでも輝いていた。無駄にボールをこねず、シンプルにさばいては動いてくれるのでチームにリズムが生まれる。攻撃の起点は右だったとはいえ、この日最もポジティブなプレーを見せたのは古橋で間違いないだろう。

一方心配になったのが長友の出来。古橋と効果的に連動できた場面がほとんどなく、得意のクロスも鳴りを潜めた(全6本のうちクロス成功は1本のみ。成功率は16.7%。SofaScoreより。)33分にミドルシュートを大きく打ち上げてしまった場面からも感覚がフィットしていない印象を受けた。無所属が続いている影響は否めないか。

普通、コンディションが悪い選手がいればスタメンが交代するはず。ところが、多少失礼を承知で言うならこの長友に頼らなければならないほど日本の左SBの層は薄くなっている。スタメン固定化の影響なのか、はたまたほかの選手はさらにパフォーマンスが悪いのか。真相は分からないが、そろそろ長友に代わる新たな左SBを探しておかないとW杯本番で痛い目を見るのではないだろうか。

 

そして、ここまでに触れてこなかったオマーン戦の課題③前線からのプレッシングもしっかり改善されていた。前回の試合では消極的な姿勢が目立っていたのとは対照的に、この日の日本は前線からプレッシングを行ってパスの出どころに制限をかけることができていた。中国は前線のエウケソン&ウー・レイの2トップに当てたところから攻撃を展開したかったのだろうが、そうした場面はほとんどなかったといっていい。

かくして、日本はオマーン戦に見られた3つの課題をしっかり改善することに成功したのだ。

 

 

後半

 

安全策に出たことで怖さが減った

1点ビハインドで迎えた後半、中国はやり方を変えてこなかった。5-3-2でしっかり守るという意識は不変だったのだ。最終ラインは少し高くなった感じはしたが、前線から激しく奪いに来るようなことはなかった。

ゆえに、後半も日本が中国を押し込む展開…にはならなかった。理由はひとえに日本がバランスを重視し、より安全志向でプレーしたことにある。それは様々なところに現れていた。

まず、パスのテンポが落ち、長い距離のパスも減った。SofaScoreによると、

〈ロングパス数 総数/成功数〉

  • 前半 29/18
  • 後半 24/7

と総数、成功数ともに落ちている。より慎重なパス回しに終始し、相手のブロックへの揺さぶりは明らかに甘くなった。オマーン戦の課題②の復活である。

加えて、選手のポジショニングも慎重になった。右SBの室屋は前半と比べて明らかに低めのポジショニングをとっている。さらに、柴崎も従来通り左サイドを起点にプレーするようになった。左柴崎、右遠藤に戻してバランスを取ったのだ。よって日本の右サイドの密度は低下。人数が減ったことで連動性も落ち、相手も混乱しなくなった。かくして前半に猛威を振るった右攻めは鳴りを潜めてしまう。

さらに、後半開始から5分も建たずに古橋が負傷してしまったのも痛かった。替わって投入された原口はオマーン戦同様足元でボールを要求し、足を止めていた。これはオマーン戦に限った話ではなく、6月シリーズのキルギス戦とタジキスタン戦でも同様の現象が起こっていた。これは以前の代表活動レポートでも指摘した通りだ。何度も同じ失敗を犯している以上、古橋のように裏に走って相手を動かすというプレーは原口のレパートリーにないと言い切っていい。そして、それに気づいて修正を促すコーチングが行われていないこともまた明白だ。

かくしてオマーン戦の課題①が復活した。オフ・ザ・ボールの動き出しが減り、みんなが足元でボールを要求するという「悪い時の日本」になってしまった。端的に言えばオマーン戦の日本に逆戻りしてしまったのだ。そして、それを修正することはまたもやできなかった。

この修正力のなさもまた、森保ジャパンに一貫して見られている問題点だ。

 

攻勢に出る中国を押し戻せなかった理由

その修正力不足がまたも露見したことで、日本は中国に押し込まれることになる。

後半60分過ぎ、中国は一気に3人を投入してフォーメーションも4-4-2に変更、ギアチェンジして攻め込んできた。おそらく、中国は当初から60分耐えて最後の30分で勝負というゲームプランだったのだろう。1点差までは想定内だったはずだ。だから、前半から中国は粘り強く跳ね返すことに集中していたにちがいない。

そして、そのタイミングをハーフタイムではなく後半15分に持ってきた理由は何なのか。いろいろなことが考えられるが、日本代表が試合中の変化に対応し修正する力が劣っていることを見抜き、あえて長いインターバルを取れない後半の途中に大きな変化を起こしたのだとしたら…。深読みしすぎかもしれない。だが、そう思わされるほどに日本は試合中の変化に対応できない。

中国が4-4-2になったことで日本の4-2-3-1に対してがっちり陣形が噛み合い、日本は中国のプレスにはめ込まれていく。

中国は63分の3枚替えを機にフォーメーションを4-4-2に変更して前線からのプレッシングを敢行。日本は柴崎が降りて3バック化することで対抗しようとしたものの、中国はだれがどの選手にアタックするかを明確に整理していた。これによって前半では考えられないほどアグレッシブな守備ができていた。日本は裏へ引っ張る選手や前線の流動性の不足も相まって相手のプレスを外す効果的な手段を見いだせず、シンプルなロングボールで逃げるしかない状態になっていた

日本がビルドアップによって中国のプレスを剥がし、クリーンな形で前進した形はゼロだと思う。たとえば守田を投入して4-3-3にし、相手の中盤2枚に対して数的優位を確保して混乱させるなどいろいろやり方はあったと思うのだが…。森保監督は何度か4-3-3を試していたが、それが効果的に活用された試合はまだない。

パスコースが見いだせない日本はロングボールで逃げることにつながり、フィジカルで勝る中国のDFラインに跳ね返され続けた。それが、先ほどデータで示したロングボール成功数の半減の原因になっている。前半は相手を揺さぶるロングボールだったのが、後半は逃げるロングボールになってしまっていた。

そして、サイドハーフのふたりもまた日本が中国の勢いに押された原因になってしまった。76分、日本は伊東を下げて鎌田を投入、久保を右サイドに移すという選手交代を行う。久保はオフ・ザ・ボールを全くしない選手ではないが、自ら裏へ飛び出してボールを引き出すプレーヤーではない。どちらかといえば、裏へ飛び出したほかの選手の動きで空いたスペースに侵入し、足元でボールを受けようとする。前半でさかんに見せたような形だ。ボールをもってなんぼの選手ゆえ、サイドハーフに置かれたときにはワイドな位置で足元にボールを要求する傾向にあるのだ。同じことが原口にも言えることは前述の通り。

かくして自陣方向へ強い矢印を向けてくる中国に対し、日本は対抗するような矢印を向けられなかった。むしろ足元でボールを受けようと下がってくるタイプの2人がサイドに置かれることで、中国と同じく自陣方向への矢印を自ら向けてしまった。相手の勢いに押されたのは当然だった。

それでもバランスを維持して逃げ切ることができればいいと考えていたんだと思う。実際、日本は中国に決定的なチャンスを与えなかった。森保監督の思惑通り、試合を塩漬けにすることには成功していた。しかし、それは日本が素晴らしかったというよりも相手の力不足による側面が大きい。

果たして相手のレベルが上がった時にしっかり逃げ切れるのか。あるいは、今日のような戦いを前半から見せてくる相手に効果的なビルドアップができるのか。それは、10月シリーズの大一番、サウジアラビアとオーストラリアとの連戦でわかるはずだ。

 

 

あとがき

森保監督は「ピッチの中で選手が自分たちで考え、主体的に対応しなければならない」としきりに語っている。そのこと自体は素晴らしいと思うし、現代サッカーに必要な要素なのは間違いない。

しかし、体制発足から3年が経過した現在でもその課題は解決されずにいる。その原因は「ピッチ上での判断」について根本的に間違えているからじゃないかと思う。原口の例を見ればわかるように、今の日本は選手が効果的な動きができていなくてもそれを修正する気がない。これを主体的な判断に任せているとするならば、それは言い方は悪いが職務放棄なんじゃないだろうか。公式を教えることなく数学の問題を解かせる教師のようなものだ。

必要なのは公式をきちんと教えてあげること。その中で、どの公式を使ったらいいのかを考えてもらう。そうすることで、選手たちの主体的な判断に磨きがかかってくるのではないか。今の日本は何の公式も持たないまま試験会場に来てしまい、結果として何も溶けなくなっているように見える。明確な武器がないのだ。

広島時代の森保監督は前任者のミハイロ・ペトロビッチ監督からいわゆるミシャ式を受け継ぎ、微修正を加えることで広島に黄金期をもたらしている。いいかえれば、自ら特別なことをしたわけではないともいえる。代表就任後の「選手の特性を活かす」「選手のチャレンジを尊重し成長を促す」という繰り返される発言からもわかる通り、森保監督は戦術家というよりも調整役であり教育者に見える。

だが、それで勝てるのは圧倒的なタレントを有し、サッカーを熟知している世界のトップチームだけだ。日本はお世辞にも世界トップのタレントを持っているとは言えない。オマーン戦を見ればわかる通り、もはやアジアでもその絶対的な優位性は揺らぎつつある。ならばそこをチームとして補う必要があるのだが、森保監督には自らの独自のサッカー哲学のようなものは持っていない。そして、残念ながらハリルホジッチ体制を土壇場でひっくり返し、西野ジャパンで急場をしのいだことで土台がしっかりしないまま迎えた新体制では調整役よりもイチからチームを作れる戦術家が求められていた。

森保監督は果たして今の日本代表監督としてふさわしい人物なのか。答えは出ているように見えるが…。

 

 

あわせて読みたい 関連記事

日本代表活動レポートの一覧はこちらから

↓ 前回の代表活動レポート

【最悪の船出】W杯最終予選 日本vsオマーン マッチレポ