大堂山展望台を徹底紹介!【柏島一望の絶景ビュー】

大堂山展望台を徹底紹介!【柏島一望の絶景ビュー】

2021年8月16日 7 投稿者: マツシタ
Pocket

今回紹介するのは高知県幡多郡大月町にある大堂山展望台です。

大堂山頂上付近にある大堂山展望台は、柏島を一望できる絶景ビューで人気のスポット。また、柏島だけでなく足摺岬方面をも展望でき、その景色は高知県内でも屈指の絶景です。

今回は、そんな大堂山展望台へのアクセスや注意点、私マツシタが実際に行ってみたレビュー、一緒に回りたい周辺の観光地なども合わせて紹介していきます。

早速行きましょう!




大堂山展望台へのアクセス

まずは大堂山展望台へのアクセスについて。カーナビで大堂山展望台を直接セットできない場合は柏島にセットして向かうといいです。その道中、柏島二ツ石線に入ってから2つ目のトンネル「柏島トンネル」の直前で右手に脇道が見えてきます。急に表れて見逃しやすいと思うので(ぼくは1回目は素通りしました笑)看板の「展望台」という案内にも注意しながら右折してください。

ここから細い道を進んでいくと駐車場が見えてきます。ここに車を停め、さらに10分ほど歩いていくと展望台にたどり着くことができます。

駐車場から展望台までの道は整備が行き届いているので荒れた道を進むようなことはありませんが、それでも坂道が続くのでハイヒールなど運動に適さない靴ではしんどいと思います。それ相応の服装をしていってください!




大堂山展望台に行ってみた

さて、駐車場から歩いて行くと、いよいよ展望台が見えてきます。

 

展望台は2階と3階に分かれていて、日陰ができる2階からのんびり景色を眺めてもよし、開放感抜群の3階から絶景を堪能するもよしです。

大堂山展望台のハイライトは何といっても柏島一望の絶景ビュー。その奥に広がる豊後水道と青い空とのコントラストも含めて大月町随一の絶景です。

それにしても、ここからでもわかる柏島の海の透明度の高さはすごいですね。

 

柏島と反対側には足摺岬まで続く断崖絶壁とだだっ広い太平洋を望むこともできます。こちらの景色もなかなかの解放感ですね。

 

このように、高知県内でも屈指の絶景を望むことができる大堂山展望台。大月町に足を運ぶ機会があるなら訪問マストと言ってもいい場所だと思います。高知県西部へのドライブを考えているなら、ぜひ足を運んでみてください!




周辺の観光地

ここまで紹介してきたように大堂山展望台そのものも十分魅力的なのですが、展望台周辺にはほかにも注目すべきスポットが集中しています。大堂山展望台から観音岩の周辺までは「大堂猿のみち」という遊歩道が整備されていて、お万の滝や観音岩などの絶景スポットが点在しています。時間・体力に余裕があるなら、ぜひ一緒に回ってほしい場所です。

お万の滝を徹底紹介!【大堂海岸らしい景勝地】

観音岩を徹底紹介!【大月町に立つ観音様】

 

また、大堂山まで来たのなら柏島まで行かずに帰ってはもったいないです。「船が宙に浮いている」と話題になるほどの透明度の高い海が売りの島で、グラスボートやダイビングなどのマリンレジャーも充実しています。大月町と言ったら柏島です。ぜひ足を伸ばしてみてください。

柏島を徹底紹介!【船が宙に浮く!高知最果てのリゾートアイランド】