樫西海岸を徹底紹介!【幡多十景にも選ばれた、弁天島が美しい海岸】

樫西海岸を徹底紹介!【幡多十景にも選ばれた、弁天島が美しい海岸】

2021年8月16日 2 投稿者: マツシタ
Pocket

今回紹介する高知県幡多郡大月町にある樫西海岸です。

樫西海岸は高知県大月町東部に広がる海岸で、透き通った海と太平洋が削りだした小島が織りなす景観が楽しめるんです。柏島や足摺岬など周囲の定番観光スポットの陰に隠れがちですが、その景色は「幡多十景」に選定されるなどとても美しいです。穴場スポットとして知っておいて損はないはずです!

今回は、そんな樫西海岸へのアクセスと私マツシタが実際に行ってみたレポート、あわせて回りたい周辺の観光地などについて紹介していこうと思います。

早速行きましょう!




樫西海岸へのアクセス

樫西海岸は大月町と土佐清水市を結ぶ国道321号線から少し入ったところにあります。公共交通機関が整備されていないのでマイカーもしくはレンタカーを用意してください。

樫西海岸と調べても直接は地図が出てこないので、Google Mapで「樫西キャンプ場」に目的地をセットしてください。高知市中心部からは車で2時間半~3時間ほど。少し遠いですが、頑張って運転してください(笑)。




樫西海岸のみどころ

樫西海岸を目指して車を運転していると、左手に小島が見えてくると思います。そうなればもう到着したも同然です。

今回私が利用したのは「樫西シーサイドセンター」という旅館の駐車場でした。ここにとめると、樫西海岸の象徴「弁天島」は目の前です。

 

弁天島は周囲の小島と比べてもひときわ大きく、中央にぽっかりと空いた海蝕洞が特徴的なのですぐわかると思います。

 

土佐州郡志 南路志にも記載されている古くから知られている島だそう。山頂近くには厳島神社(弁財天)が祀られていて、古くから漁民に信仰されていた女人禁制の島なんだとか。樫西地域のまさに象徴のような島なんですね。

 

陸地から150m離れている弁天島ですが、干潮時には歩いて渡れるそう。その付近は波がない磯になり、シュノーケリングで魚たちを観察できるようです。ただただ弁天島を眺めるだけで終わってはもったいないので、濡れてもいい服装を用意して海水浴やシュノーケリングを楽しむのもいいかもしれませんね。

ただし、装備を貸してくれる施設が周辺にないので自前で用意しておく必要はあるでしょう。

 

周囲には弁天島以外にも多くの小島が浮かび、透き通った海とのコントラストが非常に美しいです。あまり有名ではないですが、足を運んでみる価値はある場所だと感じました。高知県西部をドライブするという方は、その行程に組み込んでみてはいかがでしょうか。




あわせて回りたい周辺の観光地など

大月町へ来たなら、やはり柏島は外せないでしょう。「船が宙に浮いているように見える」とSNSで話題になるほど透明度が高い海が魅力。SNS映えする絶景と充実のマリンレジャーが楽しめるリゾートアイランドです。樫西海岸からは車でおよそ20分とお手頃な距離なのもいいですね。

高知県屈指の絶景として全国的にも注目されている柏島。ぜひ足を運んでみてください。

柏島を徹底紹介!【船が宙に浮く!高知最果てのリゾートアイランド】

 

その柏島を一望できるスポット、大堂山展望台も大月町を代表するスポットです。見晴らしと開放感が抜群で、柏島だけでなく足摺岬方面まで見渡せる、180度近いパノラマビューが楽しめるスポットです。すぐ近くまで車で行くことができ、山を登る必要がないこともグッドポイントです。樫西海岸からなら柏島の手前にあるので、柏島へ向かう際の寄り道として立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大堂山展望台を徹底紹介!【柏島一望の絶景ビュー】