【見えた成長】日本代表活動レポート vsキルギス

【見えた成長】日本代表活動レポート vsキルギス

2021年6月16日 1 投稿者: マツシタ
Pocket

5試合あった6月シリーズも最後となった。対戦相手はキルギス。日本が入ったグループの中で最も力があるチームと言っても過言ではない。実際、キルギスの激しいプレッシングと球際の強さはこれまでの低い位置で待ち構えるだけの相手とは一線を画していた。しかし、この試合も終わってみれば5‐1。国内組を中心にしながら危なげない試合運びだった。

今回は6月シリーズで見えていた課題が解決されたかどうかを中心に、キルギス戦を振り返っていきたい。

 

スタメン

 




サイドの数的優位を起点にした攻撃

アジア予選ではもはやおなじみだが、この日のキルギスも自陣にしっかりブロックを構築して日本の攻撃を受け止めようとしてきた。

陣形は5-4-1。1トップのムルザエフのみを残し、9人で後方を固める作戦だ。このキルギスの守備ブロックには大きな特徴があった。それが極端に中央を固めてきたこと。最も危険な中央エリアを封鎖したうえで、ここにボールが入ってくれば厳しくプレス。単純だが徹底されていた。

それゆえ、日本にとってみれば空いているサイドが攻撃の起点ということになる。

 

対する日本のビルドアップ時の陣形は2-1-7。最終ラインはCBコンビのみで、ひとつ前で守田が補助。その守田とコンビを組んだ川辺はタイミングを見計らいながら積極的に前線へ進出。「7」の一角をなしていた。

 

この陣形の組み方はタジキスタン戦とセルビア戦で見られた課題を克服したという点で評価に値すると思う。タジキスタン戦では両サイドバックが高い位置をとれず、無用に後ろに人数をかけてしまったことで相手の守備を崩すのに苦労した(詳しくはタジキスタン戦の代表活動レポートを参照)。セルビア戦では相手が1トップでしかプレスしてこなかったにもかかわらず、後方に3枚を作ることにこだわった(詳しくはセルビア戦の代表活動レポートを参照)。これまでの日本は相手の陣形を見て柔軟に形を変えることができていなかったのである。

しかし、キルギス戦では相手のFWライン1枚に対して必要十分なCB2人で優位を保ちつつ、前線へ川辺を送り込むことで相手への圧力を強めることに成功していた。これはひとつ、6月シリーズで見えた課題が克服されたとみていいのではないだろうか。

実際、前線へ川辺を送り込むことは非常に効果的に作用した。この試合のキルギスは中央をしっかり固めるとともに、人への意識が非常に強かった。それゆえ、絞った両ウイングに中央の3枚を加えた5人にしっかりマークについてくれた。おかげで、サイドバックは自由にボールを持つことができた。中央の5vs5で相手をピン止めしたことで、ねらい目となるサイドをより自由に使うことができたのである。かくして前半の日本の3得点はすべてクロスボールから決まったのである。

 

このような仕組みでサイドをあけたことに加え、もうひとつ有効だったのがサイドチェンジの多用だ。サイドバックに高い位置をとらせることでサイドに数的優位を作り出し、相手を中央から徐々に引っ張り出す。キルギスは人やボールへ激しくアタックする意識が強いため、徐々に相手のブロックはボールサイドに吸い寄せられていく。そうして大きく空いた逆サイドへの展開を多用することで、相手の守備ブロックを揺さぶることに成功していた。

先制点の場面がそう。ボールを左方向に動かして相手を揺さぶったところで通した守田のサイドチェンジで勝負ありだ。

 

3点目もそうだ。原口がどフリーになっている小川へと大きなパスを送り、そこからのクロスでゴールを演出している。

左サイドの場合は浅野がしつこく裏を狙っていたことも大きかった。それによって相手の右WBは浅野への警戒心をさらに強め、中央に絞ってくる浅野に釣られてサイドを大きく空けてくれた。序盤に何度も見られた浅野の駆け引きが、このゴールの伏線になったといえるだろう。

 

このように、6月シリーズで見えていた課題を克服しながら決めた3ゴールは見事だったといえる。ベンチや選手からも「揺さぶれ」「数的優位を使え」との声が飛んでいた。この崩しは選手たちが意図的に行ったものとみていいだろう。それゆえ、狙った形から奪った3つのゴールはいずれもポジティブなものだ。




注文を付けるなら…

ただ、気になった点がないわけではない。

ひとつはサイドチェンジが各駅停車になっていること。飛ばすパスがないのだ。左CBから右SBにパスを回すとき、日本は必ず左CBを経由していた。左CBから右CBに直接パスが通る場面は皆無と言っていいほどだ。

たしかに、ひとつ経由したほうが確実性は上がる。だが、飛ばすパスが出せればより素早くサイドを変えることができ、それだけ相手のブロックに揺さぶりをかけられる。こうした長距離のサイドチェンジが少なかったことは、6月シリーズを通して見られた課題だ。

植田を除けばJリーガーが起用された今回のシリーズ。そこで一貫して見られた「飛ばすパス」への意識改革という課題はリーグ全体で解決していくべきものといえそうだ。今後の成長が待たれる。




明暗分かれた原口と古橋

もうひとつ不足感を感じたのが、相手のブロックの中にボールが入る場面が少なかったこと。そもそも効果的なポジションに選手が配置されていないことが多かった。鎌田や南野が起用されている試合ではもっと多くの縦パスが入る。だが、この日はあまりそうした場面が見られなかった。

これはパスの出し手の問題というよりも、パスの受け手の問題であるように感じた。名指ししてしまうと、この日トップ下に入った原口のボールの引き出し方がうまくないのだ。

もっとも、これはある意味当たり前。普段はウインガーで、タッチライン際に張って足元でボールを受けることが多い原口にいきなり狭いライン間でプレーしろというのは無理があるようにも思える。実際、原口はトップ下に慣れてもいなければ、トップ下に求められるプレーができるわけでもない。

特に目立ったのが周囲を把握するビジョンの不足。後半4分30秒の場面、原口はスペースに入り込んでフリーでボールを受けた。ここまではよかったのだが、原口は後ろに相手がいないにもかかわらず、ゴールに背中を向けたままバックパスを戻してしまった。認知の甘さが露呈したといえ、これではトップ下としてプレーできない。

一方、原口に代わって後半から登場した古橋はオナイウ&浅野と連携しながらスペースに潜り込んでボールを引き出しては、的確に前を向いてドリブルを仕掛けチャンスを作り出していった。原口とは対照的だった。それが結果に直結したのが5点目だったのだ。

得意の裏抜けだけでなく、ライン間でボールを引き出すプレーにも問題なく適応できることを見せつけた古橋。ペアを組む相手によって柔軟にスタイルを変えられ、2列目から前ならどこでもこなせる。結果を出したことも含め、代表でがっちりと定位置をつかんだのではないだろうか。

 

森保監督は新たなオプションとして原口に期待したのだろうが、挑戦は残念ながら失敗に終わったといえるだろう。むしろ、古橋の柔軟なプレーが目立つ結果となった。

タジキスタン戦で低調なパフォーマンスに終始し、ハーフタイムでの交代を告げられていた原口。もし森保監督がウインガーとしての原口に見切りをつけてトップ下で生き残りのチャンスを与えたのだとしたら、今後は立場が厳しいかもしれない。




アピールに成功したオナイウと川辺

アピールに成功したといえばオナイウ阿道川辺駿の名前も挙げなければならない。

オナイウはハットトリックを達成した時点で素晴らしいが、特筆すべきは3点ともにクロスボールから(先制点となるPKは、オナイウのヘディングシュートを相手DFが手で止めたことで得たものだ)奪ったということ。フィジカルの強さももちろんあるが、それ以上に相手との駆け引きがとてもうまい。その強さに頼ることなく、しっかりフリーになってシュートに至っていた。クロスのターゲットとしての能力は大迫よりも高いかもしれない。

前述の原口の問題によりその効果が表れる場面は少なかったが、オナイウは何度も最終ラインと駆け引きしてはライン間を広げることに成功していた。それは、古橋が入ってからどんどんくさびが入るようになったことからも明らかだろう。持ち前のダイナミックな動きは日本の2列目を輝かせる。鎌田とのコンビネーションを見て見たかったものだ。

大迫の負傷は痛手だったが、大迫が怪我していなければオナイウは発見できなかった。数年後に振り返った時に、日本にとって分岐点になるかもしれない。それくらい可能性を感じさせてくれるFWだ。

 

同じくアピールに成功した川辺は、森保監督の理想像を体現していた。トランジションの意識が非常に高く、何度も相手の攻撃の起点をつぶした。日本の1点目と5点目は川辺のボール奪取が起点になっている。

守備面だけでなく、攻撃面も素晴らしかった。別項で触れたように、相手の陣形を見ながら前線に顔を出した柔軟なポジショニングはタジキスタン戦の橋本に不足していた要素だ。ボールを持ってもソツがなく、適切なサイドチェンジのボールを入れつつ、相手がつられてサイドに流れれば空いた中央に鋭いくさびを入れる場面もあった。組み立て能力・配球能力も橋本より上回っているように見える。

加えて、2点目の起点になったドリブルだ。中盤からああいうアグレッシブな持ち上がりができる選手は、今回招集されたボランチの中で川辺だけだろう。途中から出てきた古橋も含め、この2人はセルビア戦の代表レポートで指摘したドリブルの不足という課題を解決してくれた。素晴らしいプレーぶりだったと思う。

気になったのはコンタクトで弾き飛ばされる場面があったことくらい。肉体改造にも期待したい。

 

小川諒也は高精度のクロスボールでオナイウのゴールをアシストした。縦関係を組んだ左WGの浅野の裏に通した浮き球も含め、持ち前のキック精度は存分に見せてくれた。フィジカルの強さ、特に空中線の強さは日本のサイドバックらしからぬ魅力だ。

気になったのは相手のプレッシャーを受けてあわててしまう場面が多かったこと。プレス耐性が低いように見える。パス成功率81.6%はボランチより後ろの選手としては最も低い数字だ。よりプレッシャーが厳しくなるトップレベルの相手に通用する人材なのかの判断はもう少し見てみる必要があるだろう。

坂元達裕も悪くはなかった。内外に立ち位置を変えられる柔軟性、判断力はライバルと比較しても最も優れているように思える。左足から供給するクロス精度の高さは素晴らしく、先制点につながるオナイウへのクロス、コーナーキックからの佐々木へのアシストなど随所にクロス精度の高さを見せた。しかし、右足からのクロスボールが今ひとつ味方に合わなかったのも事実。また、ドリブルは気負いすぎて少し空回り気味だった。

右サイドは五輪世代の久保や堂安に加え、古橋や浅野など多くのライバルがいる激戦区。少しいいプレーをしただけでは確固たる地位を確立するまでには至らない。特に、後発の坂元はライバルを追い越さなければいけない立場。ゴールを含めて結果が欲しいところだ。




あとがき

オーバーエイジ組や大迫ら主力が抜けて戦ったタジキスタン戦、セルビア戦で見えた課題を解決しながら、失点以外はほぼパーフェクトな試合を見せてくれた日本。最終予選に向けてポジティブな試合になったのではないだろうか。

9月からはW杯出場権をかけた最終予選が始まる。進出チームは日本、イラン、韓国、オーストラリア、サウジアラビア、イラク、UAE、中国、シリア、オマーン、ベトナム、レバノン。2次予選よりも相手の守備はより強固になるだろうし、日本が守りに回る時間帯も増えるはずだ。これまでとはまた違った課題があぶりだされてくるだろう。

そうした困難を乗り越え、7大会連続の出場権を手にできるか。森保ジャパンの戦いぶりに注目だ。

 

 

あわせて読みたい 関連記事

日本代表活動レポート一覧はこちらから

 

↓ 前回の代表活動レポート

【手段の目的化】日本代表活動レポート vsセルビア

 

↓ 次回の代表活動レポート

【最悪の船出】W杯最終予選 日本vsオマーン マッチレポ