【最強世代決定戦】2000年生まれのサッカー選手で1軍と2軍を組んでみた

【最強世代決定戦】2000年生まれのサッカー選手で1軍と2軍を組んでみた

2021年1月22日 2 投稿者: マツシタ
Pocket

サッカー界における最強世代を決めようというこの企画。

第8回は2000年生まれの選手たちを紹介しよう。

最初にお断りしておくのだが、メンバーの序列は私の個人的な見解であることをご理解いただきたい。

私もすべての選手をチェックできているわけではないので自分が知っている範囲に偏りが生じてしまっているのです。

「この選手忘れとるで!」「自分ならこうする!」というご意見は、記事下のコメント欄までお願いしたい。読者の皆さんとともに楽しんでいければと思う。

 




 

1軍

私が選ぶ2000年生まれサッカー選手ベスト11はこんな感じになった。

最前線は歴史的なペースでゴールを量産する次世代のスター候補アーリング・ハーランド(ドルトムント)。間違いなくメッシ・ロナウドの後継者を争うタレントだ。

2列目は左にドミニク・ショボスライ。今シーズンにザルツブルクで本格ブレイクし、この冬にライプツィヒに加わった。しなやかなボールタッチが光る長身の司令塔で、今後のさらなる活躍が期待される。

逆サイドにはジェイドン・サンチョ(ドルトムント)。いまや世界でも指折りのドリブラーで、メッシ・ロナウド後のサッカー界を担うスター候補。マンUへの移籍が継続して囁かれているが果たしてどうなるか。

トップ下にはそのマンUのライバルで活躍するフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)。確かな技術を持つがシンプルなプレーで味方を引き立てるプことを得意とし、けが人が続出した序盤戦にはゼロトップで得点を重ねるなど万能性も光る。ペップの下で世界的な選手に進化しても不思議ではない逸材だ。

中盤にはそのフェランと同じマンチェスター・シティの至宝フィル・フォデン。今夏退団したダビド・シルバと比較されることが多い天才肌で、今シーズンはシルバの後継者として出番を増やし、その特大のポテンシャルを開花させつつある。今後のイングランドを背負って立つタレントだろう。

そのフォデンと組むのはサンドロ・トナーリ。イタリアサッカーの未来を背負うといわれる逸材で、ネクスト・ピルロと言われることもあるがプレースタイルはむしろガットゥーゾに近い。今夏加入したミランにはまだ完全にフィットしきれておらず、本領発揮が待たれる。

サイドバックはともに攻撃的な選手。右にはダニエウ・アウベス2世との呼び声高いセルジーニョ・デスト(バルセロナ)。そのあだ名の通り攻撃性能の高さが売りだ。

左には昨シーズンにコンバートを受けて一気に覚醒したアルフォンソ・デイビス(バイエルン)。爆発的なスピードが最大の武器で、もともとはウインガーだっただけに攻撃能力が非常に高い。今後左サイドバックの第一人者になる可能性が高い逸材だ。

センターバックはともにリバプールの補強候補に挙がるふたり。

オザン・カバク(シャルケ)は対人守備の強さに安定した足元のテクニックも備えるトルコ人DF。中盤もこなせ、得点能力もある。

スフェン・ボトマンは今夏アヤックスからリールに加入するまでは無名の選手だった。しかし、フランスの地にわたると同じく夏にリールからアーセナルに移籍していたガブリエウの後釜に収まり、攻守に特大の貢献を果たして驚きを提供中。フィジカルの強さを生かして相手を破壊するかのような迫力ある守備は一見の価値ありだ。今後の飛躍が間違いない超逸材である。

GKは昇格組リーズのゴールを守るイラン・メリエだ。足元のテクニックに優れ視野も広く、正確なキックでボールを散らす。ゴールを守る技術ももちろん高く、今シーズンのブレイク選手のひとりだ。

 




 

2軍

すでにビッグクラブで主力となっている選手も多かった1軍だが、2軍はどうだろうか。

最前線にはモイゼ・ケーン。ユベントスでブレイクして渡ったエバートンで失意の一年を過ごすも、今夏加入したパリ・サンジェルマンで完全復活。イカルディからポジションを奪ってネイマール、ディ・マリアとアタックラインを形成。目下ゴールを量産中だ。

左サイドにはヴィニシウス(レアル・マドリード)。爆発的なスピードと突破力は間違いなく一級品なだけに、課題である決定力を向上させられるか否かが世界的なプレイヤーになれるかどうかの分かれ目になりそうだ。

トップ下にはアーセナルで出番を増やすエミル・スミス=ロウ。緩急を生かしたドリブルと正確なパスでアーセナルの攻撃陣を引っ張っている。ここ数試合の活躍ぶりは圧巻だ。

右サイドにはイタリアに現れた新星デヤン・クルゼフスキだ。左サイドから何度も切り返しながら進んでいくドリブルで仕掛けるのが得意で得点力の高さも武器。王者ユベントスで出番を得ているのがその才能の証拠だ。

中盤の一角にはマクサンス・カクレが入った。圧倒的な運動量でボールを刈り取る守備力が最大の武器で、足元のテクニックも安定しておりパスワークも高水準。リヨンで確固たる地位を確立した印象だ。

もう1枚はハメド=ジュニオール・トラオレサッスオーロ)。トップ下や左サイドでプレーする選手だが、過去には中盤も経験ありとの情報により中盤枠で選出した。

プレーエリアもそうだが、何よりもプレースタイルが香川真司に非常に似ている。狭いエリアでボールを要求し、ワンタッチでボールを逃がしたりクイックなターンで相手を一気に置き去りにしたりするさまは全盛期の香川真司そっくり。今後の成長が楽しみな筆者イチオシの逸材だ。

右サイドバックにはブライトンでブレイクしたタリク・ランプティ。爆発的なスピードと重心の低いドリブルでの突破力が武器の攻撃型で、バイエルンからの関心が盛んに報じられている。

左にはパリ・サンジェルマンで定位置をつかみつつあるミッチェル・バッカー。アヤックスの下部組織出身のオランダ人。大柄で攻撃参加が得意だ。

センターバックには今夏イタリアのビッグクラブが争奪戦を繰り広げたレフティーCBマラシュ・クンブッラ。ラツィオ行きが確定と報じられながら、最後には同じ町のライバルローマが強奪した。冷静沈着な守備対応と組み立て能力が売りだ。

相方には今夏レスターに加入し瞬く間に定位置をつかんだ逸材ウェズレイ・フォファナ。圧倒的なスプリント力を生かして相手を封殺し、鋭い縦パスを配給して攻撃を組み立てる。

GKは情報が少なかったためU-20W杯でベスト4に入ったイタリア代表の正GKアレッサンドロ・プリッザーリ(レッジーナ)を選出したが正直言ってほとんどプレーを見たことがない。GKに関してはだれかいい選手がいれば情報提供をお願いしたいところだ。

 




 

その他の候補

1軍、2軍ともに豪華な陣容となった2000年生まれ世代だが、今回は選外となった選手の中にも多くの逸材がいる。

FWではフィジカルの強さとテクニックの高さが融合し、フィオレンティーナでブレイク中のドゥシャン・ヴラホビッチ、ビジャレアルで着実に出番を得て結果も残しているフェルナンド・ニーニョ、偉大な父ジョージ・ウェアを持つ逸材ティモシー・ウェアなどがいる。

サイドアタッカーではチェルシーで燻り気味だが才能はピカイチのカラム・ハドソン=オドイ、ウォルバーハンプトンでブレイク中のペドロ・ネト、同じくアヤックスでブレイクするアントニー、今夏加入したニースでテクニックと決定力を見せつけているアミンヌ・グイリらが候補。ヴィニシウスのところはこの中のだれが入ってもおかしくない。決めるのが非常に難しかった。

攻撃的な中盤ではモハメド・クドゥス(アヤックス)、ロベルト・ロペスレアル・ソシエダ)、オイハン・サンセット(アスレティック・ビルバオ)ら中堅クラブで出番を増やす逸材の今後が楽しみだ。

中盤では驚異的な運動量で中盤を制圧するコナー・ギャラガー(WBA)とアトレティコの下部組織で育ち、正確無比なパスで攻撃を組み立てるグスタボ・アスンソン(ファマリカン)が候補だった。

サイドバックではマンUで出番が減少しているものの、昨シーズンには輝きを見せかけていた左SBブランドン・ウィリアムズ、ベンフィカで定位置をつかむ左サイドバックでナポリが獲得を狙うヌーノ・タバレス、2部に降格したノーリッジでプレーする逸材右SBマックス・アーロンズらが候補。

センターバックでは球際の強さを武器にヴェローナでブレイクしミランが狙ったマッテオ・ロバート、同じくミラン移籍が有力と報じられる逸材モハメド・シマカン(ストラスブール)、ウパメカノ2世との呼び声が高いマクサンス・ラクロワ(ヴォルフスブルク)、16歳でチェルシーに、17歳でウェールズ代表にデビューしこの世代で最も早くから注目されてきたイーサン・アムパドゥ(シェフィールド・ユナイテッド)らが候補だ。

 




 

総評

2000年生まれ世代は1軍、2軍ともに非常に豪華な陣容となった。

特に1軍はすでにビッグクラブで主力となっている選手が多く、今年21歳になる若い世代であるにもかかわらず世界の第一線で活躍している選手がそろっている印象だ。

若い世代なだけあって今まさにノリにノッている若い選手が非常に多く、下からどんどん突き上げがあるため層が厚いのも高評価ポイント。選外となってしまった選手の中にも今後ワールドクラスに成長しうる逸材が目白押しだ。

今後のサッカー界を引っ張っていく世代であることは間違いなく、今後の躍進に注目が集まる。

若い世代なだけに今後は世代内でも序列の変動が起こってくるだろう。そういった意味でも目が離せない世代だといえそうだ。

次回は久保建英の2001年生まれ世代について紹介する予定だ。続きが気になるという方はお気に入りに登録して更新を待っていてほしい。

 

 

 

  • 前回の記事

【最強世代決定戦】1993年生まれのサッカー選手で1軍と2軍を組んでみた