ヴィッセル神戸の構造的な欠陥とは? 無得点に終わった原因を開幕戦から振り返る

ヴィッセル神戸の構造的な欠陥とは? 無得点に終わった原因を開幕戦から振り返る

2019年2月22日 0 投稿者: マツシタ
Pocket

みなさんこんにちは。

今日はJ1の開幕戦でセレッソ大阪に無得点の0-1で敗れた新生ヴィッセルの現状について分析していきたいと思います。無得点に終わったヴィッセルのどこがいけなくて、どこを改善すべきなのか掘り下げていきます。

 

イニエスタのゼロトップは裏目に…

この試合、神戸はイニエスタをゼロトップで起用。自由に動き回らせることでビルドアップの全権を担わさるというアプローチをとりました。イニエスタが引いて来て空いた前線には三田が前進して使おうとしていましたね。中盤に人数をかけることでボールを支配することには成功していました。

しかし、問題は中央に人数がかからないこと。イニエスタが引いてくることで前線中央に人がいなくなり、ボールを持ててもブロックの外で回すという時間帯が多かったです。そこを使おうとしていた三田は本職が中盤で、本職最前線でのプレーはお世辞にも機能していたとはいえず、時間が進むにつれてそのポジションへ入っていく回数自体を減らしていきました。イニエスタのゼロトップ起用が裏目に出た形ですね。

 

サイドを崩しても得点の匂いは…

両翼に置いたビジャとポドルスキは基本的に両サイドに張っていて、偽サイドバック的にふるまった西・初瀬の両サイドバックとともにサイドから崩していこうとしていた印象がありましたね。このアプローチからサイドを攻略することには成功していました。特に左サイドはビジャの個人技からの切込みや初瀬の裏へのフリーランニングによって活性化していたと思います。一方の右サイドはポドルスキが足元で受けようと盛んに引いていたのを西が追い越し、ウイングとサイドバックの両方の役割を担う形が多かった印象。逆のサイドバックの初瀬のクロスに合わせるような形も見られました。

しかし、サイドを破っても中央に人がいませんから得点の匂いはしません。中盤が本職の三田一人しかいない場面が多かったです。今後はサイドを破った場合にいかに中央に人数を供給するかが課題になってくると思います。

 

現状は中途半端。より戦い方の方針を固め、熟成していく必要がある

今日のヴィッセルで最も可能性が感じられた攻撃の形は、狙いとするボール支配からの攻撃ではなく、山口が低い位置からロングボールを両ウイングに入れる形でした。ショートパスが多くなるスタイルにおいていいアクセントになっていたと思います。このロングパスをスイッチにして攻撃をスピードアップするなどの工夫があればなおよかったでしょう。

今後のヴィッセルはよりチームとしての方針をはっきりとさせていく必要があると思います。リージョ監督が目指すのはボールを支配するサッカー。しかし、今日のヴィッセルはボールを失うことを恐れるあまりパスコースがはっきりと見えないと縦パスを入れず、横パスやバックパスに逃げて怖さが感じられませんでした。

イニエスタを中央に置いた狙いからわかる通り、中央からの攻撃に活路を見出したいのならば、イニエスタに連動してパスやコンビネーションを促すアクションを起こしていく必要があるでしょう。それをイニエスタ以外の他の日本人中盤に求めるのか、ビジャ・ポドルスキの両翼が中央に進出してイニエスタとより絡む形にするのか。

また、強力な両翼を活かしたサイド攻撃に活路を見出すのなら、ゴール前にいかに人を送り込むのかが課題になるでしょう。例えばウェリントンを中央においてターゲットにするのか。イニエスタをゼロトップ起用するならほかの解決策が必要でしょう。

現状のままではどっちつかずで中途半端な攻撃になってしまっています。中央に人がいないからサイド攻撃も間欠せず、コンビネーションで崩していく形もない。だらだらとボールを回しているだけで、怖さがない攻撃に終始してしまうでしょう。

 

とはいえ、この試合はまだ長いシーズンの一番最初の試合です。まだチームは完成しておらず、ここからチームは熟成していくことでしょう。その過程で名将リージョがどのようにチームを作っていくのか、注目していく必要がありそうですね。

それでは今日はここらへんで失礼いたします。